LiveShell X CDP-LS04A

●拡大イメージを表示

  • ★無料プレゼントキャンペーン中★

  • Cerevo

  • LiveShell X CDP-LS04A

  • ライブ配信機器

    • 定価:円
    • 販売価格: 円(税込)
    • ポイント:1,000pt (1,000円相当)
    • 送料:全国無料
      代引き手数料:全国無料

    • この商品は会員様特価で更にお得に
      ↑クリックで特価ページへ(要ログイン)

    数量:

    【在庫あり】PM17:00までの
    ご注文(決済完了)で最短地域は にお届け

    ※運送会社による遅延は予めご了承ください。

      ※お振込み・カードはご入金確認後です

  • カートに入れる
  • この商品のお問合せ
  • ※表示価格の誤表記、商品の生産完了などでご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。また、無料特典は後送になる場合がございますので予めご了承ください。
    最短お届け日はこちらをご確認ください

    商品の詳細


    LiveShell XはPC不要のライブ配信&録画デバイスです。
    最大1080/60pのライブ配信機能、複数サービスへの同時ライブ配信機能、
    microSDカードへの録画機能など多彩な機能を搭載。
    さらに業務ユースに耐える安定性・堅牢性を備え、透過テロップの差し込みにも対応した、
    業界最強クラスのライブ配信機器です。

    最大1080/60pのフルHD画質、H.265にも対応
    LiveShell Xは最大1080/60pのフルHD画質をサポートしており、従来モデルと比較して
    圧倒的に高画質なライブ配信が可能になります。
    また、最新の動画圧縮規格「H.265」もサポートし、H.264と比較して半分程度のビットレートで同等の画質、
    同等のビットレートであれば倍の画質を実現できます。



    本体単体で録画できる機能を搭載
    本体側面にSDXC対応のmicroSDカードスロットを搭載、最大1080/60pの高画質映像を本体のみで録画できます。
    ライブ配信との同時録画にも対応し、一時停止やテロップ、静止画などを挿入したライブ配信の映像を記録できます。



    最大3サービスまでの同時ライブ配信に対応
    最大3つまでの配信サービスへ同時にライブ配信することが可能です。
    異なる配信サービスはもちろん、同じ配信サービスの別アカウントを設定し、バックアップとして利用することも可能。

    6時間駆動の大容量バッテリー
    大容量バッテリーを搭載し、バッテリーのみで従来製品の約2倍となる6時間の連続配信を実現。
    屋外や移動しながらのライブ配信でもバッテリー切れを心配する必要がありません。
    もちろん、ACアダプタを装着すれば時間の制限なくライブ配信が可能。
    ACアダプタが外れると自動でバッテリーに切り替わる機能を備え、配信が途中で止まることもありません。

    透過PNGをサポート
    LiveShellシリーズで搭載している画像挿入機能で、ご要望の多かった透過PNGをサポートしました。
    画像の背景を透過したPNG画像を使うことで、テキストやロゴのみをライブ配信映像に重ねて表示することができます。

    リアルタイムプレビュー
    「VLC Player」などのアプリケーションを利用することで、ライブ配信や録画中の映像を
    タブレットやPCで同時にストリーミング再生することができます。
    HDMIディスプレイや分配器などを別途用意することなく、ほぼリアルタイムにライブ配信の映像を確認できます。

    多彩なライブ配信サービスに対応し、従来からの機能も利便性を向上


    ▼動作確認済みのライブ配信サービス
    Ustream
    ニコニコ生放送
    YouTube Live
    ツイキャス
    Facebook
    FRESH! by AbemaTV
    SHOWROOM
    SmartSTREAM
    J-Stream Equipmedia Live エディション
    Wowza
    Akamai
    Twitch
    ULIZA
    クラストリーム
    LINE LIVEなど、数多くの映像配信サービスに対応。

    また、専用サーバーを用いた独自配信、LAN内でクローズドに配信できるローカルモードといった機能も搭載、
    オリジナルの配信サービスを構築することも可能です。
    アナログ音声入力や5GHz帯の無線LAN、有線LANなど従来モデルの機能も引き続き搭載。
    Dashboardも新機能に合わせてインターフェイスをリニューアル。
    最大3つの配信や録画の操作といった新機能はもちろん、回線状況に合わせた細かな設定変更も可能です。